包茎クリニックで手術するかキトー君で広げる包皮輪狭窄型の仮性包茎

当サイトの免責事項・利用規約について

「包皮輪狭窄性の仮性包茎の治し方 <手術・自力で広げる>」は、アフィリエイトプログラムによりサービスをご紹介致しております。アフィリエイトプログラムとは、商品及びサービスの提供元と業務提携を結び商品やサービスを紹介するインターネット上のシステムです。従いまして、サイト内で紹介している美容外科クリニックや包茎改善グッズ等は、当サイトが提供しているわけではありません。商品の提供などはリンク先の企業様とのお取引となりますので、特商法に基づく表記につきましてはリンク先をご確認頂けます様お願い致します。

当サイトでは、包皮輪狭窄型と呼ばれる包茎に注目しました。平常時は亀頭を露出できるために仮性包茎にあたりますが、勃起時に痛みを伴うこと、また無理やり皮を剥いたりした場合にカントン包茎になる危険も秘めています。ただの仮性包茎であれば何も問題はありませんが、包皮輪狭窄性の場合は亀頭が包皮に覆われて露出に問題が伴うため、なんらかの改善処置が必要です。

そこで当サイトでは、包皮輪狭窄性の仮性包茎で悩んでいる方を対象に、2つの治療法をご紹介することにしました。外科手術と器具による改善です。手術を受ければ確実に治りますが、治療費や傷跡などの問題もあります。またグッズを使って自力で包皮口を広げる場合には、継続する努力が必要です。それぞれに一長一短がありますので、当サイトでは改善方法についてご紹介するだけとし、最終的な選択は皆さまにお任せするという姿勢でおります。

サイト内で掲載している情報は、調査、確認の上掲載しておりますが、データの詳細は時として変わる場合も御座います。当サイトだけではなくリンク先のサイトも良くご確認頂けます様お願い致します。また、当サイトで提供する情報の品質についてはいかなる保証も行っておらず、情報の提供の中止、誤表記、およびそれらが原因で発生した損失や損害については一切責任を負いません。なお、掲載サービスに関するお問合せはリンク先に御座います企業宛までお願い致します。サイト運営側ではお答え致しかねます事、ご了承ください。当サイトの本文、画像等すべての転載転用、または商売目的で利用されることは控えるようお願い致します。